犬との暮らし、しつけ、飼い方から病気や悩みまで

~ワンライフ~ 犬との暮らし、しつけ、飼い方、生活情報など

リンク広告

日本原産、狆ってどんな犬?誕生からの歴史、現在の飼育頭数は?

投稿日:

chin007
どことなく西洋風な面持ちなのに、じつは日本原産の犬種という「狆(チン)」。

長い歴史の中で日本人に愛されてきた狆は、一体どんな犬なのでしょうか。
今でこそ、洋犬の勢いに押され、知らない人も多い狆という犬ですが、その歴史は深く、我々日本人と濃い繋がりがありました。

スポンサーリンク

狆の特徴

chin004
名前からは中国あたりの原産だと思われがちですが、狆はれっきとした日本原産の犬です。

鼻ぺちゃで大きな目、そして長く美しい毛並みが特徴的な小型犬。
体高・体長ともに25㎝ほどしかなく、メスはオスよりもさらに小さい傾向があります。

名前の由来は「ちいさいいぬ」が徐々に縮まって「ちん」と変化したと言われており、現在のように諸外国産の小型犬が入ってくるまでは、犬種に関わらず小さな犬を「狆」と呼んでいた時代もあるそうです。

かつて犬は屋外で飼育するのが一般的でしたが、それらとは違う「家の中で飼う犬」ということで、「狆」という和製漢字が当てられました。

基本的に小型犬と言えば大型犬に比べて活発な性質を持った種が多いですが、狆は日本独自の飼育がおこなわれてきたことから、比較的温和で物静かな性格をする個体が多いと言われています。

「猫のような犬」とも言われており、高いところを好んだり自分で毛づくろいをしたりもします。

関連記事:日本原産、狆の飼育、しつけは難しい?大きさ、被毛の特徴、抜け毛は多い?

狆の歴史

chin005
日本における狆の歴史はとても古く、その起源はチベタン・スパニエル系統の犬種であると言われています。

日本に渡ってきた時期については諸説あり、500年代ごろには入ってきていたという説や、日本書紀に記録されている600年代だという説も。
内容についても朝鮮から贈られたという記録や、中国や朝鮮へ渡った使者が持ち帰ったという記録が混在しており、はっきりしたことはわかっていません。

いずれにせよ600年代から900年代ごろにかけては、数多くの狆が日本へと入ってきており、その頃から貴族の間で愛玩犬として人気を博していました。
その愛らしさ・美しさから、特に上流階級で愛され続け、日本の歴史において最も贅沢に扱われてきた犬種でもあります。

今でこそ犬種が多様化していますが、当時は特定の犬種しか存在せず、狆の存在感が現在のどの犬種よりも大きかったのは言う間でもありません。

そして時代は進んで17世紀後半の江戸時代。

第五代将軍・徳川綱吉は「生類憐みの令」を出したことで有名ですが、彼が大の犬好きであったこともまたよく知られていますね。

江戸城内では座敷犬として狆が愛玩されており、大奥や吉原の遊女たちの間でも人気があったらしく、繁殖も盛んに行われました。
この頃から、徐々に庶民の間へも浸透していったと言われています。

そして1853年のペリー来航の際には、ペリー提督によって狆はアメリカへと持ち帰られ、そのうちの2頭はイギリスのビクトリア女王に献上されました。

しかし開国以降、新たに日本に入ってきた洋犬に人気を奪われ、狆の人気は徐々に下火となっていきます。

その後は関東大震災や第二次世界大戦などの影響により、国内の狆はほぼ絶滅状態にまで陥りました。
幸いにも海外からの逆輸入により絶滅を免れることはできましたが、現在においても洋犬の人気に押され続け、とてもマイナーな犬種となってしまっています。

スポンサーリンク

現在の飼育頭数と人気の低下

血統書を発行しているジャパンケネルクラブの公表する情報によると、近年の狆の登録頭数は2015年は642頭、2016年は583頭、2017年は506頭となっています。

一定数の飼育頭数がいるように思えますが、割合、パーセンテージで言えば、全犬種のわずか0.1%ほどしかありません。

かつては上流階級を中心に、庶民の間でも親しまれてきた狆ですが、なぜ現在はこのように人気が低迷してしまっているのでしょうか。

日本では珍しい毛の長い小型犬ということで愛玩されてきた狆ですが、開国後は様々な洋犬が国内へと持ち込まれるようになり、次第に人気を奪われていってしまったのです。

さらに関東大震災や第二次世界大戦などの影響により、一時は絶滅寸前まで追い込まれてしまいました。

海外からの逆輸入により絶滅は免れたものの、現在に至るまでその人気の回復を図ることは叶わず、残念ながら一般的にはマイナーな犬種となってしまっています。

とは言え、じつは近頃ブームの秋田犬よりも飼育頭数は上。

ランキング(全130種以上)では常に30位台~40位辺りをキープしており、人気は下火傾向ではありますが、一部の根強いファンがいる犬種とも言えるでしょう。

まとめ

古くから日本で愛玩犬として親しまれてきた狆。

一見西洋風な見た目でありながらも、その性質は他の小型犬とは全く異なります。
室内飼育にピッタリな小型犬をお探しの人は、ぜひ狆を飼育してみてはいかがでしょうか。

パソコンアドセンス

パソコンアドセンス

-

Copyright© ~ワンライフ~ 犬との暮らし、しつけ、飼い方、生活情報など , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.