~ワンライフ~ 犬との暮らし、しつけ、飼い方、生活情報など

犬との暮らし、しつけ、飼い方から病気や悩みまで

トイマンチェスターテリアとミニチュアピンシャーの違い!判別方法はある?

   

395
※↑どちらの犬種か分かりますか?

トイマンチェスターテリアとミニチュアピンシャー、ちょっと見ただけではどちらなのか見分けがつかないほどよく似ている犬種です。
見分けるポイントを知っていないと、穴が開くほど見比べてもきっと見分けられないでしょう。

そこで今回は、両者のルーツや見分け方、飼育方法の違いなどについてまとめてみたいと思います。

どちらを飼おうか悩んでいるけれど迷っている、そもそも違いが分からない!という人は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

トイマンチェスターとミニチュアピンシャーの特徴

トイマンチェスターとミニチュアピンシャーの違い、判別方法について触れる前にまずはそれぞれの犬種としての特徴を見てみましょう。

性格などの内面的な部分こそ違いはあるものの、見た目に関しては細かい特徴を把握していないと判別が難しいといえます。

トイマンチェスターの簡単な特徴

392t
トイマンチェスターは別名「イングリッシュ・ブラック・アンド・タン・トイ・テリア」といわれ、その名の通り、イングランド原産の犬種です。

体高25~30cm、体重は2.7~3.6kgという超小型犬で、毛色はブラック&タンの一種のみ。

性格は基本的に温厚で家族に対してはよく懐く半面、臆病で知らない人に対しては距離を置くこともあります。
また、祖先が狩猟犬であったことから、現在でも狩猟本能により自分より小さなものを追いかけ回してしまうことも…。

甘えん坊なぶん寂しがり屋なので、長時間一人で留守番しているとイタズラなどの問題行動を起こしやすくなります。

ミニチュアピンシャーの簡単な特徴

393m
ミニチュアピンシャーはドイツ原産の犬種。

こちらも小型犬で体高は25~32㎝とトイマンチェスターとほぼ同じ、体重は4~5kgと若干重いのが特徴です。

毛色はトイマンチェスターとそっくりなブラック&タン、そしてレッド、チョコレート&タンの3種類。

トイマンチェスターよりもさらに警戒心が強く、頑固で独立心の強い性格をしており、他の犬や人に対して攻撃的になることもあるようです。
しかし一度飼い主の事を認めると高い忠誠心を持ち、優秀な番犬としての一面も持っています。

関連記事:ミニチュアピンシャー(ミニピン)の性格、子犬の大きさ、ブリーダーの販売価格

スポンサーリンク

判別方法、見分け方とは?

判別するのに苦労するのはブラック&タンという毛色の場合。

ミニチュアピンシャーの場合、このブラック&タン以外にもいくつものカラーがあるのに対し、トイマンチェスターテリアはこの一色のみ。
ですので、それ以外の毛色の場合は基本的にミニチュアピンシャーということになります。

なお、同じブラック&タンでも見分けるポイントはいくつかあります。
一つずつ見ていきましょう。

頬の柄

同じ「ブラック&タン」という毛色のトイマンチェスターテリアとミニチュアピンシャーは、柄も非常によく似ていますが、よく見ると頬の柄の入り方が違うのが分かります。

トイマンチェスターテリアの頬にはこのような丸い円形の模様があります。
391t

一方で、ミニチュアピンシャーは口元から頬まで柄がつながっています

つまり頬に丸い模様が独立していればトイマンチェスター、なければミニチュアピンシャーということになります。

ペンシルマークの有無

トイマンチェスターテリアには四肢のつま先にペンシルマークという黒い部分があります。

396

出典:http://www.imgrum.org/user/nzmtnk/177649/1503484821119332900_177649

一方で、ミニチュアピンシャーにはペンシルマークがありません。
ただし、稀にペンシルマークのあるミニチュアピンシャーもいるようなので、確実な見分け方とは言えません。

サムマークの有無

トイマンチェスターテリアの前肢の爪から少し胴体寄りの部分にはサムマークという黒い模様があります。

これは別名、ダイヤモンドマークとも呼ばれ、トイマンチェスターテリアとミニチュアピンシャーを判別する一つの材料になるとされていましたが、近年になって、ミニピンの中にも稀にこのサムマークがある個体が一定数、存在することが分かっています。

飼いやすいのはどっち?

一般的に、トイマンチェスターは賢く物覚えも良いので、躾がしやすく初心者向けだと言われています。

それに対してミニチュアピンシャーは攻撃的・やんちゃで扱いづらい性格をしており、どちらかと言えば上級者向け。

ただし、どちらにせよ個体差も大きいので、性格の荒いトイマンチェスターもいれば甘えん坊のミニチュアピンシャーもいます。

そして入手のしやすさ、という点ではミニチュアピンシャーの方が上です。
トイマンチェスターはまだまだマイナーな犬種なので、飼いたいと思ってもなかなかペットショップにもいなかったり、ブリーダーを見つけられなかったりすることが少なくありません。

まとめ

トイマンチェスターテリアとミニチュアピンシャーの判別方法はいくつかありますが、最も見分けがつきやすいのは頬の柄になります。

判別方法は他にもいくつかありますが、例外というのが出てきます。

上で紹介した違い以外にも、「体重」「顔が違う」という見分け方もありますが、このあたりに関しては個体差もありますし見分けは難しいというのが正直なところです。

また、見た目こそ瓜二つなトイマンチェスターとミニチュアピンシャーですが、性格は全く違いますし、それぞれに魅力がある上、個体による性格差もあります。

何より両犬種の飼育方法の違いはほとんどないので、どちらを飼おうか迷っている方は「犬種」というくくりで選ぶよりも、実際に見て触れ合って、どの子にするか固体として決めるというのが一番ではないでしょうか。

 - トイマンチェスターテリア, ミニチュアピンシャー(ミニピン)