~ワンライフ~ 犬との暮らし、しつけ、飼い方、生活情報など

犬との暮らし、しつけ、飼い方から病気や悩みまで

一人暮らしで犬を飼う!重要ポイントは留守番と散歩時間

      2016/01/25

91近年、一人暮らしで犬を飼うという人が増えつつあります

寂しい一人暮らし生活の癒しに犬をパートナーに選ぶのは自然の流れとも言えますが、それ以外にも、ペット飼育可のワンルームマンションが増えていたり、犬が一人でお留守番できるようにするためのアイテムが販売されるようになったり、以前に比べて環境も整っているというのが最大の要因でもあります。

とはいえ、犬も生き物。

寂しい、辛いといった感情を持ち、ストレスを抱えることもある以上、人間の都合だけで飼うことはできません。

スポンサーリンク

一人暮らしで犬を飼う上でのチェックポイント

下記では一人暮らしの人が犬を飼う上で注意しなければいけないこと、気を付けるべきポイントを重点的に紹介していきます。

一人暮らしの場合、必然的に面倒を見る人が少なくなる以上、様々な弊害があるので、下記のポイントを全てクリアして初めて飼う資格があるのではないかと考えています。

チェックがてら、ご覧になってみてください。

最重要課題、留守番できるか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA一人暮らしで犬を飼う場合、かならず留守番をさせなくてはならない時間が出てくるので、しっかりと一人で待っていられる子ではないといけません

子犬の場合、最初はとても手がかかります。

ご飯を何度か(3~5回)に分けなくてはいけませんし、与えるご飯もふやかす必要があります。
長時間お世話の出来る方なら大丈夫ですが、飼い始めから留守にすることの多い方には向かないでしょう。

さらに、排泄も外でないとしない、汚れているトイレでは出来ない子の場合、我慢をさせてしまうことになります。

また、分離不安障害のある犬は、人と離れることに強い恐怖感がありますので、そのような子は一人暮らしの人が飼うには大きな弊害があります。

一番大切なのはやはりしつけです。

見ている人が居ない訳ですから、しつけが出来ていないと危険も多くあります。

留守番させるためのしつけはある?

attractive asian woman with dog in the park
お留守番中に問題行動を起こさないように、きちんと一人で待てるよう、しつけをするのが大切になります。

短時間のお留守番ならゲージの中でも良いですが、長時間のお留守番の場合はずっとゲージというわけにはいきません。

食べてはいけないものを食べてしまったり、遊んで物を壊してしまったり、危険なことも多々、出てきます。

普段、問題行動を起こさない犬でも、暇になると思いも付かないようないたずらをすることがあるので、飼い主が思っている以上に注意しなければなりません

また、寂しさからの遠吠えや外に居る野生の動物に向かって吠えるといった行動も、飼い主が家に居る間は注意する事が出来ますが、お留守番中は誰も止める人が居ないので苦情が来てしまうこともあります。

トイレのしつけも重要です。
トイレではないところへ排泄してしまった場合、すぐに臭いを消さないとまた同じ場所にしてしまいます。

犬の為にも、お留守番をさせるべく、きちんとしつけをしておくことが大切です。

散歩時間の確保

59
犬にとってのお散歩は運動になるだけでなく、ストレス発散にもなります。
また、日光に当たることも健康においてとても重要なので、少なくとも1日1回はお散歩に行くようにしましょう。

チワワなど小型犬にはお散歩は必要ないという話を聞くことがありますが、社会性を育む上でもお散歩はとても大切です。
必ずお散歩の時間は確保するようにしましょう。

経済的な余裕

生き物を飼うというのは、かなりのお金がかかります。
フードやトイレシート等、定期的に購入するものもありますし、予防接種やフィラリア予防薬、リードや首輪、ゲージ等挙げたらキリがありません。

また、突然の病気になった場合、任意の保険に入っていなければ多くの治療費も必要です。
病気によっては処方食を食べさせなくてはならなくなることもあります。

犬というのは家族のような存在なので、病気になったときに経済的な事情で治せないとなると飼い主さんにとっても辛い状況になります。

お金がないでは済まされないのです。

関連:犬を飼う上で必要な費用

一人暮らしにオススメの犬種とは?

一人暮らしで犬を飼う場合、自分の生活スタイルに合っている犬種や、飼おうとしている犬種の特性も理解しておきたいところ。

例えば、お散歩の時間があまり取れない方は短距離のお散歩で良い犬種、しつけやすい子が良い場合は頭の良い犬種、マンションや集合住宅に住んでいる方はあまり吠えない等、どのような子が自分に向いているのか考えてみましょう。

犬種によっての特性はありますが、全ての犬に当てはまるわけではなく、個々の犬によっても違いますので、あくまでも「そのような傾向がある」という程度に考えておくと良いでしょう。

関連:一人暮らしでも飼いやすい犬種

まとめ

一人暮らしの寂しさを犬に紛らわしてもらうことしか考えていない人は飼わない方がいいのではないかと個人的には考えています。

むしろ、頑張ってお留守番してくれている以上、家族で飼われている犬以上に愛情をかけてあげたり、普段のスキンシップや散歩をしっかりとしてあげなければならないのではないかとも考えています。

とにかく、飼うかどうか検討する際は一人で寂しい思いをさせてしまうというのを頭に入れておくのも良いかもしれません。

 - 病気