~ワンライフ~ 犬との暮らし、しつけ、飼い方、生活情報など

犬との暮らし、しつけ、飼い方から病気や悩みまで

アイリッシュセッターってどんな犬種?性格、大きさ、子犬の価格は?

   

304
アイリッシュセッターはアイルランド原産で、リッチ・チェスナットレッド、マホガニーレッドと呼ばれる美しい色の被毛を持つ犬種。

セッター犬の中では最も歴史が古く鳥猟のために飼育されてきた歴史を持ち、頭も賢く身体能力の高い犬です。

日本では馴染みが薄いアイリッシュセッターですが、ヨーロッパ諸国では特定の国で人気があり、人々と共に生活を送ってきた犬種でもあります。

今回はそんなアイリッシュセッターの歴史、飼い方、性格、大きさ、販売価格、購入方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

アイリッシュセッターの歴史

305
アイリッシュセッターはその名のとおりイギリスのアイルランドを原産とする猟犬です。

セッターの名は獲物を見つけると伏せ(セット)の体勢を取ることから付けられました。

18世紀頃、アイルランドの猟師たちは、仕事をすばやくこなし、鼻がよく、なおかつ遠くからでも獲物を見つけてくれる大型犬を必要としていました。

このような条件をすべてみたす犬として、スパニエル、アイリッシュテリア、イングリッシュセッター、ゴードン・セッター、ポインターなどの猟犬やテリアをかけあわせて産出されたのがアイリッシュセッター。

まさに猟犬のために誕生した犬というだけあって、嗅覚、獲物を捉える洞察力に加え、ずば抜けた運動能力の持ち主として現代まで引き継がれています。

現在も完全なペットとして飼育されるのはもちろん、ヨーロッパ諸国では猟犬としての役割を担っていることも少なくありません。

アイリッシュセッターの飼い方

アイリッシュセッターはとても運動量の多い犬種で、一日中散歩をしても疲れないほどの体力を持っています。

飼育する飼い主として、さすがに一日中、連れて散歩するというのは不可能ですが、少なくとも朝と夕の2回、各1~2時間程度の時間は確保してあげてください。

可能ならば、ドッグランのような走り回ることができる環境が理想ではありますが、身体が非常に大きいため、周囲への配慮が必要になります。

運動不足になるとストレスがたまり、イライラしたり問題行動を起こす傾向があります。
この辺りは大型犬に共通する部分でもあります。

アイリッシュセッターを飼うことを検討している方は放し飼い、十分な運動量を確保するようにしてください。
こういったことを考慮すると、やはり都心部よりも広大なスペースが確保できる郊外での飼育が適していると言えます。

犬種としての性質上、屋外で飼いたくなるところですが、気温の変化への対応が苦手というデリケートな部分も。
夏場と冬場は特に注意してください。

また、被毛は絡まりやすく、抜け毛も多いので、こまめなブラッシングが必要になります。

アイリッシュセッターってどんな性格?

306
アイリッシュセッターは好奇心旺盛な性格をしています。

とても温厚で明るい性格で、飼い主に忠実。社交的な面も持ち合わせています。

幼く甘えん坊で、スキンシップを取りたがる子が多いので、一緒にいてあげられる家庭の方がベターと言えます。
(性格的に見た場合、屋外での飼育は避けてあげた方がいいのかもしれません)

基本的に穏やかではありますが、鳥猟犬の本能なのか、屋外で小動物を見つけた時は目の色を変えて後を追いかけることがあります。

散歩中の他の犬を追いかけ回すことも大いに考えられるので、あらかじめしつけをしっかりとしておかなければなりません。

スポンサーリンク

アイリッシュセッターの大きさ

体高:63〜69cm
体重:27〜32kg

子犬の価格

約15万円〜22万円

流通が少ない割に安価といえます。

ある程度、成長していると値段は下がるかもしれませんが、その場合、しつけの難しさという問題が出てきます。

購入方法

アイリッシュ・セッターの購入はブリーダーや里親制度を介して行うことになります。

日本では繁殖頭数が少ないため、流通はほとんどなく、ペットショップで購入するのはかなり難しいです。

また、そのブリーダーも日本では数が少ないので、欲しいと思ってもすぐに望みの子が手に入ることはほとんどなく、前もって連絡して待たないと購入できないことが多い。

安価な場合は要注意

アイリッシュセッターに限らず、同じブリーダーで、生まれた年月がほぼ同じ子が複数頭いたとしても値段に大きな差があることが頻繁にあります。

被毛、柄、身体的特徴によって価格に差が生じるというのは知られている所ですが、アイリッシュセッターの場合、極端に安価な場合は注意しなければなりません。

その理由はアイリッシュ・セッターは遺伝性疾患の多い犬種というのが挙げられます。

安い個体の親が遺伝性疾患を持っている場合、一定の確率でその子にも遺伝していることがあり、あまりにも安い価格で販売されている犬は疾患を持っている可能性があるので、見極めが大事です。

購入前に安価な理由を聞く等して確認する必要があります。

まとめ

綺麗な被毛が特徴的で、頭も賢いアイリッシュセッターですが、家庭犬として迎えるにはそれなりの知識と体力が必要になります。

かなりの運動量を必要とするので、都会住みの方や、忙しい方には不向きな犬種です。

見た目だけで安易に選ばないよう注意してください。

飼う場合は、必要な知識を身しっかりにつけるようにしましょう。

 - アイリッシュセッター