~ワンライフ~ 犬との暮らし、しつけ、飼い方、生活情報など

犬との暮らし、しつけ、飼い方から病気や悩みまで

トイプードルのカット・トリミング例・テディベア編

      2016/08/26

78トイプードルには様々なカットの仕方がありますが、一番有名で人気なのは、やはりテディベアカットです。

ほとんどの方はトリマーさんにお願いしていると思いますが、それなりの料金がかかる故、自分でもカットが出来たら、なんて考える方も多くいると思います。

今回はトイプードルのテディベアカットについて説明していきます。
トリミング代を節約したい方は、自宅カットの参考にしてみてください。

ハサミやバリカン等、刃物を使用しますので、充分に注意して行ってください。

スポンサーリンク

自宅カットの準備

カットの前に必ず、ブラッシングをして毛玉やもつれをなくしてください。

毛玉のあるままカットに入ると怪我の元になります。

また、プードルの毛はカールしていますが、そのままカットに入ると中々揃いません。

出来るだけカット前にシャンプーをして、乾かすときに毛を根元から真っすぐに伸ばしてください
毛は半乾きにするとカールしやすいので、やけどに気をつけながら念入りに乾かしましょう。

※あまりにも毛玉の多い子は皮膚が弱っていて怪我をしやすいので、トリマーさんにお願いしてください。
トリマーさんにトリミングしてもらった後、毎日ブラッシングをすることで毛玉を防げます。

カットに必要な道具

スリッカー  毛玉やもつれを取ったり、シャンプー後の乾かしの際に使用します。
コーム  毛玉やもつれの確認や、カットの直前に毛を引き出すのに使用します。
ハサミ  カットバサミと、すきバサミもあると良いです。
バリカン  mm単位で変更ができる物が便利です。

テーブル  床でやるより、高いところの方が犬は大人しくなります。(落ちないよう気をつけましょう)

カット前のバリカン

カット前に、足の裏、お腹、肛門周りの毛を0.1mm~1mmのバリカンで取りますが、皮膚が薄く、怪我をさせやすいので、ここは耳掃除、爪きり、肛門腺処置のついでにトリマーさんにお任せしてしまった方が無難です。

尻尾の付け根も取っておくと尻尾を丸く作りやすくなりますが、飼い主の好みによって取らない場合もあります。

バリカンを入れる際は、付け根から1/3くらいの場所(立たせたときに少し見える程度)まで1mmのバリカンを入れてください。

カットの基本

ハサミでカットをする際は、コームを使用して毛を引き出しながら行いましょう。
コームを使用せずにカットすると毛の長さが揃わずガタガタになります。

ハサミは、親指と薬指で持ち、小指で支え、親指だけで動かします。
薬指も動かしてしまうと、毛が揃わないので注意。

im02

ハサミは親指側から小指の方向へ動かします。

体のカット

体のカットはハサミのみでも出来ますが、バリカンで長さを決めてはさみで仕上げるので、そこまで難しくはありません。

まずは犬の背中を自分側へ向けて立たせます。

首の根元の方から、お尻方面へ毛並みに沿ってバリカンを入れていきます。

この時、力を入れ過ぎないように注意しましょう。

im03

バリカンのmm数は好みで決めますが、3mm以上の刃は皮膚を巻き込みやすいので慣れていない内は注意が必要です。

しかし3mmだと、かなり短くなってしまい、地肌が見えてしまうので、5mmくらいが一番やりやすいかと思います。

足のカット

足は太めの方が体毛の短さが目立たずよりプードルらしくなりますが、細めの方がブラッシング等の手入れはしやすいので、全体のバランスをみながら好みで長さを決めてください。

コツは、まず始めに四角柱の形にカットしてから角を落とすと円筒状にしやすくなります。

im04

im05

尻尾は丸くすると可愛いですが、毛の少ない子や断尾をしていない子は縦長の楕円形にします。
尻尾の尖端の毛を少し指でつまみ、色々な方向から確認しながらカットしていきます。

丸くカットするコツは、バリカンを入れた所の境目をしっかりと切る事です。
ここが切れていないとぼやけた印象になります。

im06

最後に尻尾の根元を持ち、今までつまんでいた毛の尖端をカットします。

im07

お尻は横から見た時に丸くなるようにカットします。
尻尾を立てたときにお尻との角度が大体30度になるようにすると綺麗に仕上がります。

im08

顔のカット

最も大切なのが顔のカット。

顔のカットの際は、あごの下の毛を少しつまんで支えます。

まず頭の毛ですが、丸くすることを常に意識してハサミを動かします。

短めが好みなら良いですが、ついつい切りすぎてしまいがちなので、はさみを入れる際は慎重に。

横から見た時に自然に背中につながるように意識すると滑らかにできます。

im09

目の上はハサミに角度を付けてカットし、耳につながるときに少しぼかすようにします。
目に刃先を向けないように注意してください。

im10

輪郭は、耳の前からカットしていき、あごに向かって丸くなるようにハサミを入れます。

輪郭は少し難しいかもしれません。
やりたいカットの写真を良く見てカットしていきましょう。

まず耳を持ち上げて、写真のように耳の前の毛を縦に真っすぐにカットし、口の方向へ丸みを付けて切っていきます。

im11

この時も、耳に向けてハサミを動かすのは危険ですので注意してください。

口周りは、先にカットした輪郭に合うように丸くしていきます。

そして、前から見た時に目が見えるように、目の前にある毛を斜めにカットします。
鼻を中心にした楕円をイメージしてカットするのがコツです。

im12

慣れないうちは左右対称にするのが大変ですが、色んな方向から見ながらカットしていきましょう。

最後につまんでいたあご下の毛をカットします。

耳のカット

耳は好みの長さに揃えましょう。
丸くカットするのが流行りですが、パッツンにしてみたりしても印象が違って可愛いです。

長めで下に重心を置くと女の子らしく、短めで上に重心を置くと男の子らしくなります。

まとめ

テディベアカットは切る人によっても形が違い、難しい場所もありますが、何度もやるうちに必ず上達します。
いつも一番近くで見ている飼い主さんがカットすることで、その子に合った可愛いスタイルが見つかるかもしれませんね。

他のカットを探す
関連:トイプードルの人気のカット・スタイル5種類!料金はどのくらいかかる?

オリジナリティ、個性を出すならモヒカンがオススメです。
関連:トイプードルのカット・トリミング例・モヒカン編

関連:トイプードルは毛色で性格が違う?カットの種類と寿命の長さ、子犬の値段は?

 - カット, トイプードル, 犬種 , ,